2.イベント・現場 LIVE以外 阿部顕嵐
       

推しの主演映画を見た~ツーアウトフルベース~

映画ツーアウトフルベース2.イベント・現場

2021年11月12日に情報解禁されてから早5カ月。
2022年3月25日。ついに映画ツーアウトフルベースが公開されました。
「主演、阿部顕嵐」
いや~~~本当におめでとう。うれしい。ただただ嬉しい。
この記事ではツーアウトフルベースの紹介っていうより、推人が映画の主演をつとめたことを記念して(?)自分用に記録に残しておこうとおもいます。

映画のネタバレ含みますのでまだ見てない人は自己責任でお願いします
また、私はそこまで映画に詳しいわけでもコアな映画ファンでも無いのでいろいろ大目に見てください

映画『ツーアウトフルベース』

画像がセンシティブ扱いされるのめちゃオモロです。

あらすじ・感想

かつてはプロ入りが期待されるほどの高校球児だった「イチ」と「ハチ」
甲子園出場が決まり、明るい未来が待っているはずだった。しかし、部内の不祥事により出場が取り消されてしまい、彼らの転落人生がはじまった――。
10年後、薬物にまで手を出し堕落した生活を送っていたふたりは、軽い気持ちで不良グループのリーダーから高級アメ車を借りたばっかりにハプニングが大勃発!
町のヤクザに因縁をつけられ、アメ車をカツアゲされてしまう。右往左往しているふたりは、偶然にも野球部の元マネージャー早紀と再会。
早紀は、あろうことかヤクザの車を盗んでいた。ふたりが三人になり、ヤクザに追われ、不良グループからはアメ車の催促、さらには警察からも目を付けられ、まさに絶体絶命の大ピンチ!
思い出すのは10年前、甲子園が決まったあの日のマウンド。二死満塁。ゲームセットにはまだ早い!

公式サイトから引用(https://twooutfullbase.com/)

観る者すべてを巻き込む
ハイテンポ&ハイテンションのセカンドチャンス物語
と代打つ通り、さくさく話が進んでいきます。

沼主
沼主

犯罪巻き込まれ型ストーリー

グロいヤクザ映画かと思ってみたら普通にコメディだった。ストーリー分かりやすいので悩まずに見れる。テンポいい。
鬼平ヒロポンに主人公たちがうっかり巻き込まれてしまう、犯罪巻き込まれ型ストーリー

ヒロポンの「そのタンクトップどこに売っとんねん」感と鬼平の「古き良き日本のヤクザ」的スタイルのコントラストが良かったですね。
ハチ役の板垣瑞生さんはこの映画で初めて知った俳優さんなのですが……めちゃくちゃいい役者さんですね。(追記:ハイローで鈴蘭高校に居ます。ヤバい)
あと、工藤遥さんはオールナイトニッポンの「あの夜を覚えてる」に出演されていて、高橋ひかるちゃんとラジオやってたので好きです。声がハスキーで素敵です。

顕嵐君演じるイチはめちゃくちゃ人生に燻っている役で普段の顕嵐君とは当たり前なんだけど全然違うのが面白かった。
役作りで減量してたらしく「THE 不健康」な男って感じです。パサパサしてそうな金髪…拘りが詰まった古い部屋……
あと作中でちょくちょく走るシーンがあるのですが……見るからに足が速いですね顕嵐君

推しが主演になって

まず、この映画が面白かったことがめちゃくちゃ嬉しかった。(各方面に対して失礼かと思いますが正直これ重要なので)
あと、顕嵐君が嬉しそう&楽しそうでなんかめっちゃうれしい
これは推し活をする上で誰しもがぶつかる壁だと思っているのですが、推しの出演作とはいえ好きになれない作品もやっぱりあると思うのですよ。
ファンといえど、全肯定マンではないので…

でも「阿部顕嵐の初主演作」は一生に一回しかないわけで。
これ逃したら推しの初主演作を映画館で浴びることはできないわけですよ。
そんな機会を逃すわけにはいかないので……なので日曜のレイトショーを見に行ったわけでございます。俺のホーム、梅田ブルク7に。
座席は半分くらい埋まっていて、おそらく顕嵐君のファンの方が多い。
でもカップルとか、男の人とか”顕嵐君のファンではない人”も沢山いらっしゃった。
映画好きの人や、監督・他の出演者さんのファンの方など7ORDERを知らない人にも届く物が映画。「そっか、これが映画か…」となんだか不思議な気分でした。

あくび(沼主)
あくび(沼主)

誰目線?

そして、推しが映画に出ることで何が起こるのか(?)全然わかってなかったので(?)その感想なのですが、

・顕嵐君のWEBインタビューがメチャクチャ出る(想像の5倍くらい出る)
・顕嵐君がめっちゃ雑誌に載る
・顕嵐君がめっちゃラジオに出る
・顕嵐君が全国を回る(舞台挨拶)

つまり、推しのメディア露出が想像以上に多くなる

今までもドラマとか舞台に出演する際にいろいろなインタビューを受けていましたが、映画になると取材メディアの数が段違い。
フライングポストマンの表紙を飾ったのなんて、感無量すぎませんか。額に入れて飾りました。

あくび(沼主)
あくび(沼主)

顕嵐君ってモノクロにするとより一層かっこよくなりません?なんで?

こんなに舞台挨拶で全国をまわるとも思ってなかったですよね。

映画が公開されてからの顕嵐君、めちゃくちゃ忙しそうで心配になる一方で「もっと世界に見つかってくれ」という祈りみたいな気持ちが湧いてきてなんかもうオタクの情緒が大変です。
色んなインタビューを読む中で、顕嵐君が将来的には海外でも活動していきたいというビジョンを明確に持っていることが分かったので、

彼の夢を応援するとともに、会える距離にいる間にたくさん現場行こうと改めて思いました。
7ORDERの阿部顕嵐が好きなのはもちろんだけど、俳優 阿部顕嵐も応援したい。

エンドロールの一番最初に「阿部顕嵐」の名前が流れた瞬間のあの感動をどう言葉にしたらいいんでしょうね。

主題歌『レスポール』

作詞作曲:新羅慎二・大沢伸一

映画のラストシーンからのエンドロールの流れが素敵なのです。
暗転したスクリーンに、ハウリングしてるギターの音がして、
顕嵐君の歌声とともに流れるエンドロールの「阿部顕嵐」の文字。映画館で見れてよかったなぁ

Date Withのアンコール一曲目でおなじみとなったレスポール。
ちなみにライブで顕嵐君が弾いているのは新羅さんの私物のエレキ。顕嵐君のチャレンジコーナー。
レスポールは音楽のジャンルで言うとポストパンク。中でも『シューゲイザー』というジャンルを意識して作られているそうです。
今までの7ORDERの曲の中で一番渋いですよね。欲を言えばイチ&ハチverのレスポールも聞いてみたい。

【映画】ツーアウトフルベースのロケ地~聖地巡礼~

堂々と発信してるのでOKなのでしょう!撮影地は千葉県の袖ケ浦市中心・木更津・川崎市みたいですね。
聖地巡礼したいなー千葉県かー。聖地巡礼したらリライトしますね。

公式サイト・WEBインタビュー

映画『ツーアウトフルベース』公式サイト | 2022年3月25日...
映画『ツーアウトフルベース』公式サイト 2022年3月25日(金)全国公開 主演:阿部顕嵐(7ORDER)×板垣瑞生
【7ORDER 阿部顕嵐】「活動のコアは自分。グループの名前は後...
新世代のアーティストやクリエイター、表現者の仕事観に迫るコーナーがスタート。第1回は、7ORDERの阿部顕嵐をクローズアップ。アイドル性とパフォーマンス力を兼ね備えた男性グループが群雄割拠状態にある昨今、7ORDER はバンド形態で活動し、熱狂を生み出している。ボーカルを務める阿部はグループの“顔”として、俳優と...
アーティスト・俳優/阿部顕嵐さんインタビュー 「ツーアウトフルベ...
元高校球児の2人組が、最強ヤクザと最恐不良、ポンコツ刑事に追いかけられ、人生最悪の1日を疾走する映画「ツーアウトフルベース」に主演した阿部顕嵐さん。常に“ツーアウトフルベース”の状態だったという撮影現場を振り返ってもらったほか、阿部さんが普
https://ovo.kyodo.co.jp/intervie...
阿部顕嵐、映画初主演作は“愛されバカ”を意識 夢かなえ心境語る【...
ニュース| 堕落した生活を送る元高校球児・イチとハチの「人生サイアクの1日」を描いた映画『ツーアウトフルベース』(25日公開)。まさに「後がない」状況を切り抜けるべく、衝突しながらも奔走する2人は、やがて過去と向き合っていく。元エースピッチャーの主人公・イチを演じるのは、本作が映画初主演となる阿部顕嵐(24)。「この作...

ということでこの記事では映画の公開を記念して、私の心境を留めました。
第一に”嬉しい”
そして引き続き『阿部顕嵐』が少しずつ、でも着実に、その名を轟かせていくのをそっと陰から見守っていたい。

タイトルとURLをコピーしました